マンションのことならマンション管理会社に相談!

女の人

賃貸経営の不安を解消

つみき

家賃滞納問題を未然に解決

近年、家賃保証会社という賃貸物件の家賃を保証するという業務を行う会社が増えており、それに伴い、家賃保証会社を利用する賃貸経営者も増えています。利用するといっても、実際に利用するのは入居者です。なぜなら、家賃保証会社との契約は賃貸経営者とではなく、入居者と交わされるからです。しかし、家賃保証会社の存在を知らない、それ以前に家賃を保証するシステムがあるということ自体を知らない入居者もいます。また、賃貸経営者も入居者が家賃保証会社と契約してくれた方が安心ですから、賃貸経営者が家賃保証会社を選定し、入居希望者に物件の賃貸借契約の際に一緒に家賃保証会社とも契約してもらうという方法がとられています。家賃保証会社を利用するメリットは、当然のことながら、家賃滞納対策となるからです。もっとも、物件の賃貸借契約には通常、連帯保証人が必要であり、家賃の保証というのは、その連帯保証人が負うべきものです。しかし、決して景気が良いとは言えない現在、連帯保証人であっても家賃の保証ができないという可能性は大いになります。また、家賃を滞納する入居者が増えているという現状もあります。つまり、従来以上の家賃滞納対策が必要であり、それ故に家賃保証会社を利用するメリットは非常に大きいのです。そういったことから、連帯保証人がいたとしても家賃保証会社と契約することを義務付けている場合もあります。これは、大手不動産会社でも行っているところがありますから、今後、一般的になることも考えられます。